スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1+1=?
1+1=□ □に当てはまるものは?100字で書きなさい(フジ)

…。

2じゃね? (笑)

これは難しかったな…。
言葉を入れるのか、数字を入れるのか?
CMで「2×6=0」ってのがあったのを思い出しました。
てかこれをヒントに出したんじゃないでしょうかねw


2にして「真理は変えることができない」って書くのも良さそうだとは思ったのですが…かぶりそうだしなんだかありきたりだなぁ、とか考えました。他にも、「∞」とかもいくらでも思いつくけど…ありきたりかなぁ、と…。

他は
1+1=10(2進法)
1+1=0(バイナリ表示)
1+1=3(♂+♀=♂♀子 笑)
1+1=田(田、を分解すると…w小学校で流行ったな)
なんてのも判明していますがw
3にして生命の神秘!とかするのも良かったのかもしれないですね。
田を書いたら落選ですなw


でも俺はやっぱり、CMの例みたいに「1」に何か意味をもたせてみたかったのです。

結局俺が書いたのはコチラ↓

1+1=4×0.5
人とわかちあえば喜びは倍になり、悲しみは半分になる。「1」を誰かの喜び、悲しみとすると、1が二つ集まった時には、4と0.5に変わる。2という結果は同じでも、心の中での差は計り知れない。

計算結果は2になるし、
喜びが倍、悲しみが半分というのは好きなフレーズです。
我ながらいいのが思いついたな…

と思っていたのですが。

4 →1+1の結果である2を倍にしている
0.5→1をそのまま半分にしている


…計算ミス! Σ( ̄ロ ̄lll)
でもまぁ、2だと倍にした感じが無いし、1だと半分にした感じが無いからね…。友達に言われたけど、「かけて2だ!」っていうシンプルさがいいかなと今は納得してますw

さて…通るんでしょうかねぇ…。
テレビ朝日とTBSはとりあえず第一面接までは大丈夫でした。
そして面接が今日の17時くらいからです。

面接対策なんて何もやってないですw
面接の本とか買ったほうがいいのかな…。

でもなんか、面接なのに「これが正解」みたいに言われるのは嫌だなと思うのです。テストじゃないんだから。

無地のスーツを着ていれば正解、でなければ10点減点
面接官に「大学名+名前」を言わなければ5点減点


なんか変だよね。
そりゃ「常識」というのは大事だと思うので

面接官に敬語を使えないならダメ
真っ赤なスーツを着てきたらダメ


というのは納得だけどね。

「性格は顔に出る」ってのが俺の持論なのですが、面接官にしたってそうだと思う。相手を不快にさせないようにすれば、面接のルールなんてどうでもいいと思うんだけどな。

こんな弱冠21歳の俺、はじめての面接…無勉で突っ込んできますw
ちなみに、TBSのエントリーシートはこんなの↓

私と○○
○○にこの1年のキーワードを入れて自由に書きなさい(TBS)


ニート。20歳になり、大学も3年生。そろそろ自分の将来のことを考えなくてはと思っていた時、僕にとってはタイムリーに話題になったキーワードです。これをきっかけに、何故働くのか、ということについては自分なりにいろいろ考えることができました。これまでは、勉強して、いい大学に入って…というレールがあったのですが、これからはレールを自分で敷いていかないといけない時期。理系なんだから院に行くものだと思っていた僕にとって、自分の生き方をよく考える機会ができたというのは人間的に成長できたキッカケだと思っています。ニートの反面教師っぷりには感謝状を贈りたいです。

テレビへのラブレターを書きなさい(TBS)

生まれた時からテレビがある、幸せな時代に生まれてきました。幼少時代はメンコや草野球で楽しんだいうより、戦隊モノやウルトラマンといった、テレビの中のいわば想像の世界で遊んできた印象を持っています。そのころ、テレビはある意味で「遊び相手」でした。小学校での話題も決まってテレビ番組。野球観戦が好きなお父さんには逆らえなかったので、ゴールデンタイムの番組はあまり見れなかったけど、十分楽しんでいました。大きくなるにつれ、ウルトラマンを卒業した頃には遊び相手というよりも、「暇つぶしの道具」のように感じていました。父さんが帰ってくると野球に変えろと行ってくるから、しぶしぶリビングを離れる。勉強も忙しくなってきて、テレビがなくてもいくらでもやることはありました。そして今は自分にとってテレビは「先生」です。一人暮らしをはじめ、父にかまわず好き勝手にテレビをみることができるようになりました。受験にも成功し、日本で一番の大学に進むことができました。しかしそこで感じるのは「楽しくない勉強」。大学に入ると、何のための勉強かという目的が薄れていました。そんなときに、あるドキュメンタリーの番組を見て感動しました。大学の授業よりも、テレビ番組のほうが勉強になる。テレビの見方も変わってきて、面白い番組を見ても「おもしろいな」と感じるだけでなく「この人はこうだからすごいな」という見方ができるようになりました。特撮ヒーローからバラエティ番組、そしてドキュメンタリー番組。生まれてからずっとテレビを見て育ってきた気さえします。僕はテレビが大好きです。

いやぁ、楽しかったですねw
ラブレターのほうは400字制限だったのに700字くらいになってたのでがんばって2/3まで減らしたんですけどね。
スポンサーサイト
【2006/02/18 01:05】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パスネット | ホーム | テーマ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iwatobipenguin.blog39.fc2.com/tb.php/59-e0414261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。