スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
属人的・属事的
今後の人生において、
書物などから学ぶことは少なくなり、
自分の経験や他人の話から学ぶことが多くなっていく。


大学生活は、そういった学び方を覚えていく…いわば、社会人になるための技術を見につける場なんだ、と…半年前くらいに読んだ本に書いてありました。

大切なのは、気に入らない人でもいいことを言うことがあるということ。
自分が気に入った人の言うことを無条件で信じてしまったり、嫌いな人のことは全部否定するようなこと「属人的発想」といい、
その反対に、言った人よりも事項のほうを優先して判断すること「属事的発想」というらしい。

日本人は属人的発想が特に強く、他人と同じ行動をとりたがるのも属人的だと言える。

自分を成長させる上では当然、属人的にはならないほうがいいよね。
要するに、色眼鏡で世界を見ているのも同然ですから。

でも実際にこれを意識して生活していると…
「属事的」に物事を見るために「属人的」な判断基準を持ったりすることがよくあります。というか、その人くらいしか判断基準が無いような場合。

でも、物事は常に誰かと関わりあっているんだから…ある程度しかたないのかな。とか最近思ってきました。

とにかく…大事なのは、

誰かに依存するのでなく、

自分をきちんと持っておけ


ってことだよね。がんばろ。
スポンサーサイト
【2005/12/22 01:26】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<生物の覇者 | ホーム | 連打の世界>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iwatobipenguin.blog39.fc2.com/tb.php/32-298f8efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。