スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
みずほ証券の些細なミス
みずほ証券、大量の誤発注 「1株61万円」→「61万株1円」

怖いね、これ。
要するに、「61万円のものを1円で売ってしまった」ってことです。
ほんの些細なミスで270億円もの損害が出るとは。
やってしまった社員…もう死にたいくらいのショックでしょう…。
がんばってください!


でも、些細な、意識のないことで大きなことになることは自分の周りにもあるよね。

つい1ヶ月前の話なのですが、
俺が自転車で車道を走っており、路駐の車を避けようとしたときに、急に車のドアが開いて、避けきれずに衝突し、道路の反対車線に投げ出された…ということがありました。

幸い対向車も来ておらず、後ろの車も車間をあけてくれていたので、俺はこけたときの擦り傷で済みました。

でも、
もしあの時に対向車が来ていたら?
もし、後ろの車との車間がなくてブレーキが間に合わなかったら?
俺は死ぬか、良くて大怪我でしょう。考えるだけでぞっとする。

悪いのは後方確認をせずにドアを開けた車ってことになるけど、危険なのは自転車に乗ってる俺。
いつも気をつけているようにはしているのですが、後ろを黒ガラスにしてあって…後ろからじゃ中の様子がわからなかった。

自分の命を失わないために、これから気をつけなくちゃいけないなと深く考えると同時に…

向こうの視点で考えると、
こんなことで他人の命を奪いたくないなと思いました。
意識なくただの不注意で死なせてしまったらたまらないよ。
(いや、意識あったらいいという意味ではないですがw)

とにかく、些細なことで何億もの損害をだしたり、
「想定の範囲外」の記事でも書いたけど、常に起こる事象を予想するのが大事だなと本当に感じました。

もし、自分が路駐車のドライバーだったとして、もし子供や同乗者が不注意でドアを開けたら…?

車を買う時は黒ガラスやめることにします。



「些細なことが大きなことになる例」2つほど思い出したのでカキコ。

・「4個注文したかったのに、殴り書きだったために4が千になってて、1000個注文してしまった。おかげで会社は即倒産だよ」
・友達がセンター試験のマークシートで、答えをひとつずらして書いてしまったおかげで点数はほぼゼロ。浪人することに。



また、みずほの例を逆側から考えてみると、
27000000000÷610000≒のべ約45000人が61万円得をしたわけだ。
実際には、気付いた人は大量に買ってるわけだから一人あたりはすごい金額だろうな。おそらく、宝くじなんて目じゃないほどの金額を得ていることでしょう。



うらやましいw
スポンサーサイト
【2005/12/10 14:58】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<寒いね | ホーム | coping skill>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iwatobipenguin.blog39.fc2.com/tb.php/20-bf091f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。