スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
coping skill
最近…鬱になってる人多いな。まぁ、そんな時期だからねぇ…(-_-;)
3日前のセミナーで「コーピングスキル」についての講演を聴きました。

コーピングスキルとは、ストレスを処理する能力のことをさします。
(cope … うまく処理する)
ストレスがたまる、というのは人間として当たり前の機能が当たり前に作動していると言う証拠なので、ストレスがたまる事自体には問題はない。しかし、そのストレスを軽減するには、また、できたストレスをどう処理していくか…ということにコーピングスキルは役立ちます。

宮里藍や横峯さくらも実践しているんだとか。

ストレスの原因は「自分・他人・過去・未来」についてを考えたときに、そこに不安、焦りなどを感じること。つまり、同じ事象でも、その人が感じる不安などの差によって、かかるストレスはちがってくる。

いろいろ例を挙げられました。5つくらい。
その中の2つを紹介。


例1)スピーチをしなければならないとき、「スピーチが好きな人」ならば感じるストレスは無く、むしろ楽しみにする。しかしスピーチが嫌いな人は、ミスしたらどうしよう、他人の評価が低かったらどうしよう、間に合わなかったらどうしよう…などと考えてストレスがたまっていく。

例2)受験を控えている時、「落ちたらどうしよう」という不安は誰にでもあるもの。しかし、「まぁ受験で人生決まるわけじゃない。落ちたら落ちたでそのとき考えればいいさ」という人が感じるストレスはそう大きくない。しかし「この失敗が人生の失敗だ。絶対に落ちることはできない。でも、問題が解けない…」などと考え出すと感じるストレスは大きくなる。


つまり…楽天的・プラス思考であるほどかかるストレスは小さくなる。ストレスがたまっていると物事がみんなうまく行かないような気がして、また自分がミスして…といったデフレスパイラルに陥るが、そういうプラス思考をもつことで、この連鎖を止めることができる。

よく「悩みがなさそう」という表現をするけど、それは「楽天的」「プラス思考」である、ということだから…実際には「悩みはあるんだろうが、それをストレスとして溜め込まない技術をもっている」ということだね。

つまり、楽天的、プラス思考になりましょう、ということです。
挙げられた例に「就職」のことについては無かったけど…それもこれらと一緒だよ、と言いたいのでしょう。

今は自分が就活の場にいるから、どんなものなのかはわからないけど…例えば受験とかを振り返ってみると、本当に些細なことのように思える。ストレスがたまっている受験生に説教たれてやりたいくらい。

俺は就活と院試を両方やるつもりなので、それが結構ストレスになっていたのですが…実際に就活した人の話を聞いたり、ブログを読んだりすると「就活なんとかなるのかな」なんて思って少し楽になり、実際に院試を経験した人の話を聞いて「全員受かるよ。倍率は1.05倍くらい」なんて話を聞いてしまっては気が楽にならざるを得なかったですね。
やっぱり、先が見えない「未来」にたいして、「過去」というのはすごい楽だったように感じるのでしょう。

つまり、「楽天家」になるには、
いろんな体験をした人の話をとにかく聞くこと!
聞くことで、その人がその体験で得たことを自分のものにでき、その結果として楽天家になれるんじゃないかな。その話を聞き流すんじゃなくて、そういう風に解釈していけばきっと全部なんとかなるんじゃないかな…という気がします。
スポンサーサイト
【2005/12/10 03:54】 | 雑感 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<みずほ証券の些細なミス | ホーム | 想定の範囲外>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iwatobipenguin.blog39.fc2.com/tb.php/19-fe9b8fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
宮里藍のネタ
宮里藍のネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。 ネタ蔵【2005/12/10 18:51】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。