スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
笑いの究極
私が生まれたとき、周りの皆は笑い、私は泣いていた。だから私の最期には、周りに泣いてもらい、私は笑っていたい -アメリカインディアンの言葉

「笑う」というのはとても不思議なことで、笑うと疲れも嫌な気分もふっとんでしまうものです。自分が笑うのも、誰かを笑わせるのも、自分にとってプラスになる。笑うっていいですね。

人間の生きる意味が種の存続以外に一つだけあるとしたら、それは大きくくくってしまえば「楽しむこと」…つまり「笑うこと」になるんじゃないでしょうか?富を得るにしろ、誰かの役に立ち続けるにしろ。

笑うというのは人間だけに与えられた最高の贈り物ですから。

そう考えると…このインディアンの言葉は最高の人間像を描いているようにも感じます。深読みしすぎかな。

でも、俺も最期は笑っていたいな。
スポンサーサイト
【2005/12/07 03:21】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「賞味」の差 | ホーム | 日本留学>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iwatobipenguin.blog39.fc2.com/tb.php/15-3f5f39ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。