スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
感動の共有
何かに感動したとき、その感動を共有できるっていいですね。
自分一人で喜ぶよりも、喜びが何倍にもなる気がします。

大三元麻雀ネタですが…
先ほどネット麻雀で大三元をアガったのですw
ただアガっただけなら「やったー」で終わるところですが
たまたま友達が観戦してたのでもうすごい感動しました。


というわけで…そのときの

チャット内容&リアルタイム実況&役満画像

をご覧くださいな↓
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/01/31 03:40】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
家事の合理主義
家事がめんどくさいと感じるのは
家事を「義務」だと感じるからだと思ってた。

俺が家事の中でも一番嫌なのは「洗濯」です。

と言っても…洗濯物を洗濯機に放り込むのはわけないし、晴れてたらまっさきに「布団を干そう」「洗濯物を干そう」と思う人間なので洗濯物を干すのも嫌いじゃない。

嫌いなのはその後。

洗濯物をたたむ という作業と たたんだ衣類を収納する という作業。

どうせ着るんだからそのへんに置いておいても一緒、って心の奥で感じてるんじゃないか?と思ったわけです。

でも、同じ「しまう」という作業でも、食器類をしまうのは平気。

…よく考えると…「しまわないと狭くなって不便」だからなんじゃないかな…。

衣類→「しまわないほうがすぐ着れて便利
食器→「しまわないと調理場が狭くなって不便」

つまり、俺が物事を判断している基準は「合理的かそうでないか」ということになる。

俺の根底にあるのは合理主義なのか?

合理主義だ、ということが「要領がいい」ということなのならこれは喜ぶべきことなのかも。

でもその合理主義によって、部屋が片付かないという状況が続いているわけで。これが俺の根底にあるものだとすれば、何か革新的な状況がこないと直らない気もする。

合理的、を抜け出したところにもまた新しい見方がある気がする!

とりあえず…
部屋を片付けてみようかな(* ̄∇ ̄*)
【2006/01/30 01:49】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東大と京大の相似点
京大生の集団強姦のニュースが世間を騒がせています。

世間の東大京大のイメージは「真面目」だとか「カタい」ってイメージなんだろうケド…実際に入ってみると、そういう人もいれば俺らみたいにバカしてばかりの人間もいることがよくわかると思います。

結局、うちらは「頭がいい」人間ではなく…
「テストの点が良い」人間の集まり

ですからね。

むしろ、その他の点…その他の経験などは、勉強に費やしてきた時間の分だけ、他の大学の人に劣っているような気さえします。

世間は「京大生が!?」と思っているでしょうが、俺からすると「あー。」くらいにしか思わないんだよね。スーパーフリーだって早稲田じゃなかったっけ?

そういうことはわかってて欲しいのですが…悪いことじゃなくて良い事で世間に伝えて欲しいな。


ところで。
この事件では「焼酎ルーレット」なるもので女性を酔わせたらしいですが…
続きを読む
【2006/01/27 22:56】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ファッションマニュアル
脱オタクファッションガイド
「脱オタクファッションガイド」というものを借りて読みました。
オタクだという認識が無い俺は少なくともオタクではないと思っているのですが…

いや、「オタク」の定義が曖昧なだけで本当はオタクなのかも?
でもとりあえずアニメや秋葉原とは縁がないので違うということにしとこうか。


意外にもかなり参考になりました

ファッション誌を読んでも、書いてあるものは高いし、そもそも「これは…カッコ悪くないか?」とか思ってしまうものも多いと思います。「変なカッコ」「オシャレ」って紙一重だなと思うね。

そういったファッション誌に比べてこの本は、「オタク」といういわば「オシャレ」の対極にあたる人向けに書いてあるので…オタクに限らず、「まだファッションの基礎知識が殆どない」という人にもぴったりなのではないでしょうか?

「自分」を出すのがいいと俺は思うのですが…基礎なくして自己流を求めるのはまずいと思うな。「オシャレ」ってのは絶対的に他人の評価なわけだから、何も知らずに「自分」を出してもそれは変なのかもしれないよね。

以下、本の内容をまとめてみます。

知らない知識があった人…読んだほうがいいんじゃない?
オタクと大差ないってことだよ~?
(こう書くと怒られるのかなwでもまぁ世間の「オタク」に対するイメージはこんなもんだろ)

ま、俺は知らないこと多かったんだけどね…

続きを読む
【2006/01/26 03:07】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東大生ランキング
東大生ブログランキングというものができたそうです。
誘われたので参加してみることにします!

俺は毎回の記事の一番下に「読んだら押せ」みたいなの貼るの嫌いなので…なかなかランキングとか上がらない気がするんですが…よかったら左の欄につけてるんで1日1回押してくださいな★

今回に限りここを押してみましょう
東大生ブログランキング


見てる東大生多いと思うので…ブログ持ってるなら、登録なんかしてみたらどう?

以下…誘ってもらったコメントへの返信です。
何故か表示されてないのでここで。
続きを読む
【2006/01/25 23:09】 | おしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
要領
東京に出てきて、一人暮らしを始めてから2年と10ヶ月
人生の10分の1を一人で生活してるんだなと思うとなんだか変な感じだな。

自炊するのが早くなった。
前までは「さて、晩御飯作るぞ!」と意気込んでないとできなかった調理が、今は「ちょっと作ってくるか」みたいな軽い気持ちでできるようになりました。

もちろん、包丁を扱うのが速くなった、とかいうことも少しはあるだろうけど…正直言ってそこまで変わるとは思えない。調理の順序とかの「タイミング」をつかめたからなのかなぁと思います。

つまりは「要領」ですね。
要領がいい、というのはつまり、無駄な時間を極力使わないということか。

「要領がいい」ってのがすごい褒め言葉に思えてきたな(笑)
要領がいい人間になれるよう努力したい。

でもそのためには、経験をつむことだね。

「やった後悔よりやらなかった後悔のほうが大きい」

どんどん新しいことにチャレンジしたいなとあらためて感じました。
【2006/01/24 23:06】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
社長から容疑者へ
散々社長社長と言っておいて今度は容疑者容疑者ですか…。
マスコミが動きすぎだと感じるのは俺だけかな?


今回のライブドア関連の事件…
正直言ってなんだか雲をつかむ感じです。

ニュースを見ていて感じるのは

「何が悪いんだ?」

ということ。

雪印乳業やヒューザーなどの事件と比べて…「被害者」が見当たらないからそう感じるのかな。

俺は堀江社長は別に最初から最後まで好きじゃなかったですが…今回の一件はなんだかかわいそうに感じてしまうねぇ。

「法律を破った」のが悪いことなのはわかるけど、「何故破ると悪いのか」が全くわからないんだよね。←原付の30km/h制限でも感じたことだけど。
少しは法律とか勉強しておきたいなと感じます。

でもまぁいい薬になったかな。
堀江容疑者自身にとっても、日本にとっても。

最初から最後まで、良い意味でも悪い意味でも「いい見本」になってくれた人でした。

「これまで社長にまかせっきりだったが、今回の一件で自分達の経営プロ意識が出てきた」とかって言ってたな。ライブドア社の人、がんばって!
【2006/01/23 23:58】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
携帯電話の進化論
携帯電話の進化がすさまじいですね!
もう、これが無かった時代ってどんな感じだったっけ?

最初は電話機能のみで、それからメール機能がつき、液晶がカラーになり、折りたたみになり、カメラがつき、今ではテレビが見れたり、音楽が聞けたり、インターネットができたりまでする。
携帯電話はいったいどこまで進化するんだろうか?

携帯電話の最も重要な点は、その名の通り「携帯する」こと。

携帯電話の最も不利な点は「携帯電話は消耗品である」こと。

携帯電話はどんどん進化しているので、数年経つともっと性能の良いものが出ている。となると携帯を買い換える、ということになる。

だから、値段をあまりつり上げることができない。
買い換えさせるために、「新規なら0円」なんてキャンペーンをやってるくらいだからね。

携帯できる機能を増やすことと、携帯の値段が上がらない事。
両方を満たすのはいったいいつまでなんだろうか?

友達と話してたんだけど…携帯の値段が上がることは無いんじゃないかな。すなわち、携帯の昨日はそろそろ限界なんじゃないかと。

例えば
「デジカメとmp3がついている携帯電話、40000円」
「デジカメにmp3がついていて40000円」
という二つがあったとして、どちらを買うのか?


俺だったら後者だな。
携帯電話は数年ですぐに変えてしまうイメージがあるから…後者のほうが長く使える気がするんだよね。その間に携帯電話を変えることもできるし。

でも、この「デジカメにmp3がついている」のって良くないか?
なんでもかんでも携帯につけるのってやめたほうがいいんじゃないかな、とか思います。
【2006/01/22 03:47】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
白馬八方尾根
今季4回目のスノボは…白馬、八方尾根に行ってきました★
一度行ってみたかったんだよね!行けてよかった!!

評価…★★★☆☆

…まぁ評価なんてのは天気とか雪とかによって自分でも変わるんだろうけどw

とにかく広かった!
というか…広すぎてコースどこかわからない!(笑)
少なくとも…スノボの大人数には向いてない気がしたな。

今回は雪があまりよくなかったです。
山の上のコースが充実している山だったのですが…山頂は風が強い!!
リフトがめちゃ揺れて怖かったよ。何回も止まるし。
しかも、パウダースノーが風で飛ばされて…残ったのは固い固いアイスバーン&雪ダマ、みたいな。

雪とかがよければ最高のコースだったんだろうけど…俺はかなり滑りにくかったです…。

コースは基本的に、角度が一定なところが多かった。というか、一部の初心者コースを除いて…結構急なところだらけだったな。トリックの練習があまりできませんでした。あと、パークが無かった…。キッカーのひとつも無いのかぁ…。

…とまぁ、コストと前評判の割にはそんなに良くなかったなぁと感じた俺でした。
ゴーイングマイウェイ☆
【2006/01/22 03:27】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
起承転結
漫画が好きでよく読みます。
小説は小説でいいところがあり、ドラマや映画もそれぞれいいところがあると思うけど…俺にとっては一番性にあってるのは漫画かな。


物語は「起」「承」「転」「結」が基本である…という理論をよく耳にします。

別に漫画に限ったことじゃなくて、小説でもドラマでもそうなんだけど…俺らが普通に生きてる人生でも一緒なんじゃないかな。

少なくとも、高校生なら高校生、大学生なら大学生という小さな枠組みの中では「起承転結」になってる気がします。

特に大学は4年間。
まさに「起承転結」の4年間ではないでしょうか?

・何もわからなかった1年
・慣れてきた2年
・専門がはじまり就活や進学に向けていく3年
・そして…卒業に向かう4年


今のこの「転」がどうなるかで俺の大学生活が大きく変わるんだなと思うと…
がんばらなきゃな、って感じるね。




というのが小さな枠組みですが…視野を広くして、人生そのものが起承転結になるとしたら…今はどこになるんだろうか?

今の行動が人生をかなり変えることになるが…今が「転」だと考えるのは嫌だな。これから先の人生がすべて「結」に向かっていくことになる。そんなの面白くないな。

今は多分、「承」のはじめ。
0歳から20歳までが「起」
そこで作られた「自分」を使って生きていくのがこれからの「承」の人生だ。

だとすると、俺はいつ「転」を迎えることになるんだろうか?


普通に働いて、普通に幸せに暮らしました…


じゃぁ「俺」という漫画は全然面白くないものになってしまう!
「転」を起こすために今何ができるのか?
まだよくわからないけど、でも漠然とそんな考えを持っておくのはいいことなんじゃないかな。

俺は絶対「結」を世界一のハッピーエンドにしてみせるから。
【2006/01/15 21:21】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白馬サンアルピナ
今季3回目のスノボは白馬サンアルピナに行ってきました★

評価…★★★☆☆

一年前にも行ったのですが…前回よりも今回のほうが良く感じたな。
サンアルピナは「鹿島槍・青木湖・さのさか」の3つに分けられており、リフト券も別々になっています。
全部滑れるリフト券だと相当数のコースがあることに…!

今回は鹿島槍だけの券でした。
最も長いコースは最初が平坦すぎてスピードが出ないことを考えると、
初心者向きのコースが一つしかないんじゃないかな。
でもその分、中級者向けのコースはとても多かったです。

ただ、ひなた→日陰、というコースだと日陰で目が見えなくて危なかったです。そういうところはアイスバーンも多いし、ね。
そこを除いて考えると…コースが狭い感じがするかな…。

でも楽しかったです。
正直、どこに行っても滑れれば楽しいんだよねw

来週は八方尾根で滑ってくる予定です★楽しみ~!
続きを読む
【2006/01/13 01:53】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪対策
一人暮らしをしていることもあり…
風邪だけは引かないようにしようとしています。

帰ったら一番にすることは…加湿器に水を入れる!!
湿度を上げておくのが一番の予防法なんじゃないか、とか思ってます。
あと…腹巻とタイツですねw

でも正直…水を入れるのめんどくさい~!!!o(;△;)o

洗濯機みたいに、蛇口にくっつくようにできればいいのにね。
別に…この湿度がいい!なんて贅沢はいわないからさ。

ってかこれ、できそうだね!
問題は…加湿器ごときに貴重な「蛇口」を使う奴が何人いるのか…?(笑)
【2006/01/12 01:51】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
背伸び
「背伸びしたって3cmしか変わらないじゃないか」
という意見を耳にしました。

言ってはなかったけど…背伸びじゃなくて、普通に上に行けってことでしょう。

確かにその通りだよね。

そこで3cm背伸びしたところで、階段の1段上にいる人にすら勝てない。
数段上の人や、高い山に登っている人にとっては…
もはや背伸びは意味をなさない。


俺も、高いところをめざしていきたいな。


でも、背伸びもそれはそれでいい時がある気がする。

どこに行けば高いところに行けるかわからなかったりしたとき
そもそも、高いところがあるのかどうかわからなかったりしたとき

背伸びの3cmは意味をなすんじゃないかな。
見栄をはるための背伸びではなくて、自分を上げるための背伸び。

今はいろいろ考えなきゃいけないから、
今が背伸びをする時だと思うのです。
【2006/01/10 18:37】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゲームと現実
何年か前、「ゲーム中での殺人と現実の殺人がぐっちゃになって殺人してしまった」みたいな事件がありましたね。

昨今、ゲームはよりリアルになっています。
もう現実と殆ど変わらないようなものが出てますね。

残酷なゲームに対応するため…
ゲームの対象年齢を設定しているCEROという会社が新たに「Z」という区分を設け、18歳以上のプレイを禁じようという動きがあるようですが…実際には罰則をつけるのが難しいようで、まだまだ先になりそうです。

でも、殺人とかそういうのではなくても影響するゲーム多いよね…

俺が少し前にやったレースゲームでは本当に細部まで忠実に再現してありました。

その数日後、実際の車で高速道路を運転したのですが…なんだかちょっと違和感があったんだよね。

"俺、ここでハンドルをこう切ったら…ドリフトできるんじゃないかな"

とかいうのを少し思いました。
ただでさえ高速道路は単調でおもしろくないのですから…ふとそう思ってもしかたのないことなんじゃないかと思います。

でも実際にやったら多分死にますな。
すぐに命のことが頭につくので、なんだか違和感を感じつつもドリフトなぞ試みずに走りきったのですが。



これからどんどんゲームがリアルになっていったら…そんな事故が増えてしまってもしょうがないんじゃないかな、なんて思います。
個人的には、デフォルメとか、ポリゴンとかが好きなんだけどな。

リアルさを追求した「XBOX360」はめちゃくちゃ売れ行きが悪くてやばいらしいですね。でも…いい傾向なのかもねw
【2006/01/08 00:20】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
逃避理論
テスト・レポート・就職活動・プレゼン・発表会…
あまり進んでやりたくない、義務的なイベントを前にすると、
それ以外のこと(ex:片付け、ゲーム、睡眠など)をしたくなり、また、誘惑に負けていざ行った場合にはいつもよりも良い仕事が出来てしまうことが多い。

これを私は新たに「逃避エネルギー」と名づけることにする。

T=M・n/t  単位…J(ジュール)

ただし T…逃避エネルギー
    M…村上定数
    n…誘惑レベル
    t…イベントまでの時間


つまり、理論的には…tが小さくなればなるほど、逃避エネルギーは膨大なものとなる。




↑こんなのを大学1年くらいのときに書きました(笑)
まぁ、あながち間違いとも言えないんじゃないかと。


人間の気持ちというのは不思議なもので…周りの環境、自分の立場によってかなり大きく変わってしまいます。

昼よりも夜のほうが気が落ち着いて冷静に物事を考えることができたり、
毎日起こっている現象なのに「初日の出だ」というだけで綺麗に見えたり。
スポーツの世界でも…イメージトレーニングや自己暗示などが
実際に効果を発揮しているようですし。


でも、こういうのはなんかいいなぁと感じます。

「気持ち」なんていうのは数値に置き換えることができないものなのに、与える影響はでっかい!

物事になんでも名前をつけ、数値化していくこの世の中…
よく考えてみるとなんだかリラックスできる気がします。
続きを読む
【2006/01/07 02:45】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
斑尾高原
今季2回目のスノボは斑尾高原に行ってきました!

評価…★★☆☆☆(普通)

初心者向きではない気がするな。
初心者コースはなだらか過ぎて…普通に滑っても止まってしまう。
少し良いコースに行くには少し中級のコースを通らなければならない上に、戻るのが大変。

今回は猛吹雪だったので上級者コースは殆ど入れなかったのですが…以前に行った時と同じだとすると、5つくらいある上級者コースには全てコブが作られており…ボーダーには優しくない山でした。

でも中級者向けのコースが多いので…ボード2、3回やったことあるよ!という人には良いのではないでしょうか?

それから、トワサンクというレストランがおいしいです。他のところに行ってないだけだけど(-_-;)ケーキが出るのが嬉しい♪

今回はひとつ、全く圧雪されていない新雪のコースがあって楽しかったです。トリックを成功させたときとはまた別の嬉しさ。そのうち何人かで、ヘリで高い山の山頂からボードで下ってみたいな。
続きを読む
【2006/01/06 03:14】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
東京タワー
東京タワー広島から東京まで、青春19切符で帰りました!

知らない人もいるらしいですが…青春18切符とは、JRの有料以外の電車に1日乗り放題になる切符で、年齢制限無く使え、1日あたり2300円です。

16時間かかるので結構疲れるのですが…お金の無い学生には嬉しいし、本が読めると思えばいい機会かな…と思います。



『東京タワー』(リリー・フランキー)を読みました。

俺が好きなトーク番組で勧められていたこともあって。

リリーさんの幼少時代から今まで…主に『オカン』の周りで起こっていることが書かれているのですが…これは本当に感動します!

中盤までは…リリーさんと自分とを照らし合わせてみたりして、少し自分を見直さなきゃな…と思って読んでいたのですが…終盤がすごい。本当に涙が止まらなかった。
1月4日の21時ごろに横浜駅で変に泣いていたのは多分俺です…w

ガンガン涙がでてくるもんだから…まるでわさびの辛さをおさめるように、鼻で息を吸って口から吐く…なんてやって我慢しようとしてたくらいw

でもこの本は是非みなさんにお勧めします。
特に…親元を離れている人に読んで欲しいな。

時間:約8時間で読みきることができます
効能:親孝行がしたくなる・おいしいものを食べたくなる・もっとがんばらなきゃなと感じる
【2006/01/05 22:56】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
謹賀新年
★明けましておめでとうございます★

日本の文化もいろいろ変わってきたなと感じます。

俺が小学校のころは、友達に住所を聞いてまでがんばって年賀状を出していたものですが…年々枚数が減っていき、一人暮らしを始めた最近は年賀状なんか出さない。
住所すら知らないなぁ。

年賀メールで済ませたりするのが主流になってきました。
会社勤めになったりするとまた年賀状を書いたりするんだろうけど…

今年賀状を出していない連中に果たして年賀状を出すのか?
とか思うとなんだか寂しい感じもするね。

手紙や冠婚葬祭の決まり文句なんかもわざわざ調べないとわからないようになったね。昔は親子代々伝えられてきたんだろうケド。
三丁目の夕日とか、小説なんかでは昔の日本は暖かかったように描かれてる。
俺も振り返ってみてそんな感じがします。

でもまぁとりあえず今回は…誰もが知ってる決まり文句で。

昨年はお世話になりました。

今年も宜しくお願いします。
【2006/01/01 22:58】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。