スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生物の覇者
最近は大きなニュースが多いですね。
テレビなどでは事故が起こったときの経過などをすごくわかりやすく説明してくれますが…大切なのは「次につなげること」だよね。

物事を「考える」ことで次や他人を変えていける…

自然淘汰でしか進化できない他の生物をさしおいて
人類が生物の覇者になったのは当然のことのように思えます。

どんどんいい世の中になっていくことを期待。
じゃないとサルと一緒だよね。
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/12/28 00:41】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
属人的・属事的
今後の人生において、
書物などから学ぶことは少なくなり、
自分の経験や他人の話から学ぶことが多くなっていく。


大学生活は、そういった学び方を覚えていく…いわば、社会人になるための技術を見につける場なんだ、と…半年前くらいに読んだ本に書いてありました。

大切なのは、気に入らない人でもいいことを言うことがあるということ。
自分が気に入った人の言うことを無条件で信じてしまったり、嫌いな人のことは全部否定するようなこと「属人的発想」といい、
その反対に、言った人よりも事項のほうを優先して判断すること「属事的発想」というらしい。

日本人は属人的発想が特に強く、他人と同じ行動をとりたがるのも属人的だと言える。

自分を成長させる上では当然、属人的にはならないほうがいいよね。
要するに、色眼鏡で世界を見ているのも同然ですから。

でも実際にこれを意識して生活していると…
「属事的」に物事を見るために「属人的」な判断基準を持ったりすることがよくあります。というか、その人くらいしか判断基準が無いような場合。

でも、物事は常に誰かと関わりあっているんだから…ある程度しかたないのかな。とか最近思ってきました。

とにかく…大事なのは、

誰かに依存するのでなく、

自分をきちんと持っておけ


ってことだよね。がんばろ。
【2005/12/22 01:26】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
連打の世界
小さい頃はエレベーターとか横断歩道とかのボタンをやたら連打してたよね。別に、そうすることで早くなるわけではないんだけど…なんでだろ、それもわかってたハズなのに連打してた。

でも実際に、「連打したらスピードアップするエレベーター」とか、「連打したら気持ちを汲み取って早く青にしてくれる横断歩道」とかがあったらいいな。

絶対楽しいと思うんだけど (笑)
【2005/12/21 01:08】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小泉劇場
まだまだ続く建築の不祥事。
国民が「飽きる」前にさっさと決着をつけてもらいたいものですね。
国会はああいうことする場じゃないし。

yahooで検索するとこんなページが出てきます。
姉歯、シノケン、ヒューザー…もう正直おなかいっぱいですよ(-_-;)

姉歯建築士は認めているものの、他の会社は認めていない。
今問題になっているのは、姉歯に強要したのか?姉歯のやったことを知りながら動いていたのか?という点。

法律的には一番悪いのは姉歯で、「強要されても法を守らなければならなかった」ということなのですが…姉歯一人ではお金を払えない。
そこで、関係した全ての個人・会社が分担して払うという制度が適用される。

そうなれば各々が「私は知らなかった」と言うのは当然。
俺らの立場から見ると正直言ってみんな悪いように見えるのですが…
向こうの立場に立ってみると
「いつも通りに動いてただけで、鉄筋が安くなっていることなんかわかるわけない」
というのもわかる気がする。
できるだけ安く済ませようとする姿勢ももちろん重要だと思うから、
「事務所を変えますよ」
は別に問題発言でもなんでもないと思う。

もはや何がなんだかわからないね…。

そんな建築問題を隠れ蓑に、

小泉内閣はやりたい放題。


税もきっちり上がってるではないですか。

真の黒幕は小泉純一郎じゃねぇの?

救世主でも現れないもんかね。
石原都知事が内閣総理大臣でいいよ俺は。
【2005/12/20 01:16】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイエリア
マクドナルド
写真は、新宿の西口地下にあるマクドナルドです。
初めて入ったのですが…席のつくりにびっくりしました。
ちょっとわかりにくいけど、ほぼ全てが1人席になっていて、前に壁があったり、3方が囲まれているようになっていたり。

多分、日本人のマイエリア意識を考慮して作ったんだろうな。

日本人は「マイエリア」のようなものを作る傾向にあり、隣の人と1つあけて座ったり、壁ぎわに行ったり…という習性がある。理由は…日本の文化(敬語のシステムだとか)からだったと思う。

日本人とは仲良くなりにくい、といわれることもあるし、あまり良いことではないと思うから、なるべく気にしないようにしようとはしているんだけど…やっぱり、他の席が空いてるならわざわざ他人の隣に行ったりはしないよね。

前までは電車の7人がけのシートが2・3・2に分かれてるなんてことも無かった。でも、これを考えた人はすごいアイデアだと思ったな。

マイエリアの話を聞いたときに…そこで終わるんじゃなくて、これを何かに活かせないか?って考えたからできたことだよね。イスもこのマックも。俺もそういう広い視野を持ちたいな。

ちなみに「マイエリア」は俺の造語です。本当のものを忘れてしまったので…。
【2005/12/19 01:42】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ハンターマウンテン塩原
今年の初滑り!
朝発の日帰りで、栃木県は「ハンターマウンテン塩原」というスキー場に行ってきました。

評価…★★★★★(非常に良い)

コースが広い…雪山自体は横幅がコース3つ分くらいしかないところなんだけど、ひとつひとつのコースが広い!だからぶつかることがあまりないし自由に滑れる!
スノボに優しい…斑尾みたいに「上級コース=コブ」とか思ってるスキー場じゃないので、上級コースは「斜度があるけどコブは無い」みたいになってる!(ちゃんと、コブのところもあるけどね)パークもできるみたいだし。
上級者に優しい…上級者コースに選択肢があるってのが嬉しいですね。ゴンドラから降りると上級者コースが3本もある!!!しかも、ゴンドラだけを使って上級→中級で下れるのもいい!

初心者にとっても、あのコースの広さはかなり練習しやすいと思います。(ゴンドラ乗れないのは痛いけど…(-_-;))
日帰りで4200円…かなりお買い得だった。穴場だね♪

今年は異常気象ばりに雪が降っているので雪質が非常に良いです。就活もあるしあまり滑れないかもしれないけど…できるだけ多く楽しみたいな♪
【2005/12/18 01:30】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビ朝日 job meeting
テレビ朝日の説明会に参加してきました!
忘れないうちに記録しておきます…。


第一部:就職に関する全体説明

全員でまず、就職に関するセミナーを聞きました。
主にテレビ朝日の説明かな。テレビ朝日はテレビ局の中では若い会社で、これまではずっと4位だったのに今年は2位まで登りつめたらしく、それをとても誇りにしているようでした。

・若い社員でも自分の意見を出すことができる
・社員数は1200人程度
・採用は30人程度
・広告収入以外の収入を増やそうとがんばってる(どこも一緒だろうケド)
・欲しいのは「自分で考え、実行できる人材」
・今回の募集から、コンテンツ製作部門と営業部門の併願ができるようになった
・面接は5~6回程度
・試験はテレビに関するもの…主に時事から出題。広く浅く聞いていく。


第二部:各部門の社員に質問

次に場所を移動して、各ブースに分かれて質問タイム。
バラエティ・報道・ニュース・技術・美術・広告・営業・IT・その他ビジネス
に分かれてたかな。基本的に2つくらい行けるようだったので、バラエティと報道に行くつもりだったのですが…「その他ビジネス」に一人もいなかったので一人でつっこんでまいりました(笑)

その他ビジネスというのは主に人事・編集(番組の時間帯自体を考える)・系列各局との連絡などについて。1対1だったのでとにかく質問しまくってやりましたwとりあえず、どれも大切な仕事なんだよ…という話ももちろんしたのですが…担当が人事部の人だったので、超個人的に採用についてを聞きました。

・茶髪であろうとスーツでなかろうと関係ない(実際には「空気が読めない奴」ということで落ちるかも)
・定員30名というわけではなく、いい人が多ければ多くとる。しかし例年30人くらいになる。
・そのうち、院に行ってからで入っている人(理系)は5~6人。
・学校・学部は本当に見ない。
・最初のほうの面接はいくつか日程があってその中から選べるが、最後のほうになると「明日来てくれ」で行けなければアウト。


とにかく、事前準備は必要ない、いわば「キャラセレク」
ただ、知識は広くもっていたほうがいいみたい。

時間が半分くらいになって「移動してください」と言われてから…誰も動かなかったので先陣を切って、報道のほうのブースに行ってきました。こちらは報道の現場の動き方なんかを聞けてよかった。

専門知識があるから有利、という考え方はあまりなく、入ってみれば嫌でも専門知識が身につく…という考え方をするようです。現場レポーターとかも報道の社員みたいだね。最初はドキュメンタリー番組なんかの取り直しがきくもので練習をつみ、生でのリポートもするようになるようで…。どこの職場でも一緒ですが、報道の場合は情報を得られなかったりすると大問題。かなり責任が重いんだということを感じました。



今まで何をやってきたか、などは面接をなんども繰り返しているとわかるみたい。面接で緊張する人、しない人…とかも。
事前準備はいらない、というのは本当に感じたな。
続きを読む
【2005/12/17 01:21】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぁー。

がんばろうとして考えれば考えるほど
がんばる気が失せていく…といった感じです。

もうがんばるのやめようかな。
もっと楽な道が見えてるし。
その道はひょっとしたら、
今がんばろうとしている道よりもいい道かもしれないし。

でも今、何もしてないまま諦めると、
どう転んでも多分後悔するだろうな…

とか思って踏ん切りがつかない俺です。

どうすればいいんだろ。
旅に出るとか感動の映画を見るとか、
楽しいところに行くとか…とにかく気分転換したいですね。

一緒に気分転換してくれる人募集o(;△;)o
続きを読む
【2005/12/16 01:45】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
特許
こういうブログを書くのもいいもんですね。
なんというか、モノの見方が少し変わった気がします。
どんなものでもネタにしてやろう…という意識が湧くね。


アイデアマラソンで毎日毎日少しずつアイデアを貯めていっているのですが…「これは本当にいけるんじゃないか?」というものは下書きのままで保存してあります。特許とかとってみたいから。

とりあえず…今のところ少なくとも2つ「これは実用新案として登録できるんじゃないか」と思うものがあるのでちょっと特許について調べました。

とりあえず検索ワード「東京特許許可局」にしたのですが…

東京特許許可局なんて実在しません

…。21歳にしてはじめて知ったよ…。

実際は「特許庁」ですね。

でもこの「特許」という制度…「発明を促進する」という目的とは裏腹に、登録料がとても高いです。審査とかを入れると15万円とかします。無駄な登録を避けるためかもしれないけど…審査があるんだからいいじゃんね…。

国にしてみれば正直、こんな金がなる木はそうそうないよね。
だって元手はほとんど無いんだから。

しかし「市町村税を払っていない者は資力の乏しい個人とみなされ、登録料と3年間の特許料が免除」というものも。自分はこれにあたる(年収が99万円未満)なのでおそらく適用されるはず。前向きに考えてみようかな。

でも特許をとっても20年間使われなかったら意味無い。
とったところで売り込めるのだろうか…?
【2005/12/15 02:11】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一歩ずつ
一人暮らしのため…家にいるときは家事に追われているのですが。

人間、二つのことを同時にこなすことはできないね。
炊事と掃除と洗濯が同時にこなせればいいのに。

「自分ができること」っていうのは常にひとつしか無いんだな、と感じます。

掃除だったらひとつひとつしか進められないのはわかるし、
「煮込みながら他の料理を進める」でも結局自分がしているのは「他の料理」だけであって「煮込む」というのは「まだ手をつけなくていい」から放置しているに過ぎない。

家事に限らず全部に言えることだね。

できることはみんな一つずつ。
だったら大切なのは「何を」「いつ」するかだね。

常に最善の一手が指せるように精進していきたいと思います。
【2005/12/14 01:47】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コートの最終進化形
外に出るときはコートを着ます。
「偽ダウン」のコートを着ているんだけど…上はしのげても、手とか首とか足とかってまだ寒い。家に帰ってもできるだけエアコンは使いたくないから厚着してるんだけどやっぱり足はどうにもならん…。

以前、「足が分かれていて、

そのまま歩ける寝袋」
ってのがありました。

正直なんだか変な感じだけど…俺、家で着るならちょうどいいと思うんだよね。

ってかむしろ、手とかも分かれてるのが欲しい。

「全身タイツのように覆ってくれ、

着たまま生活することもできる寝袋」


だれか作ってくれ…!(笑)
【2005/12/13 15:53】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おでん
おでんが食べたいです。

幼い頃俺は何故か「おでん」はあまり好きでなかったのですが…最近は大好き。ものすごく食べたい。スーパーで簡易版のおでんを買って凌いでます…。

前から思っていたのですが…同じものを食べても「おいしい」「まずい」の判断は人それぞれ。

だったら、絶対「おいしい」って思えたほうが得だよね。

あそこのラーメンはまずいだとか、マックや松屋はまずいだとかいう人も多いですが…俺は何を食べても大抵おいしいです。

グルメな人って絶対損してるな。

おいしいお店には行きたいけど、そこと比較して「あっちのほうがおいしい」→「ここはおいしくない」と判断するのは良くないと思うな。

食べ物の価値は食べるまではみんな共通なんだから、食べ物のほうもせめて「おいしい」と感じてもらえる人に食べてもらいたいことでしょう。

…だから野菜を食べない、ってわけじゃないんだけどね(笑)
【2005/12/12 15:46】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寒いね
「寒いね」

今日は初雪が東京で降りました。
雪、いいもんですね。積もってくれると困るけどね…。

俺は暑いのも寒いのも嫌い、適温でしか生きられない弱い生物なのですが…暑いときにみんなで「暑い」っていうのは嫌だけど、寒い時にみんなで「寒い」っていうのは好き。(俵万智じゃないけどw)

だから冬のほうが好きなのかな。
みなさんがんばっていきましょぅ!
【2005/12/11 23:32】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みずほ証券の些細なミス
みずほ証券、大量の誤発注 「1株61万円」→「61万株1円」

怖いね、これ。
要するに、「61万円のものを1円で売ってしまった」ってことです。
ほんの些細なミスで270億円もの損害が出るとは。
やってしまった社員…もう死にたいくらいのショックでしょう…。
がんばってください!


でも、些細な、意識のないことで大きなことになることは自分の周りにもあるよね。

つい1ヶ月前の話なのですが、
俺が自転車で車道を走っており、路駐の車を避けようとしたときに、急に車のドアが開いて、避けきれずに衝突し、道路の反対車線に投げ出された…ということがありました。

幸い対向車も来ておらず、後ろの車も車間をあけてくれていたので、俺はこけたときの擦り傷で済みました。

でも、
もしあの時に対向車が来ていたら?
もし、後ろの車との車間がなくてブレーキが間に合わなかったら?
俺は死ぬか、良くて大怪我でしょう。考えるだけでぞっとする。

悪いのは後方確認をせずにドアを開けた車ってことになるけど、危険なのは自転車に乗ってる俺。
いつも気をつけているようにはしているのですが、後ろを黒ガラスにしてあって…後ろからじゃ中の様子がわからなかった。

自分の命を失わないために、これから気をつけなくちゃいけないなと深く考えると同時に…

向こうの視点で考えると、
こんなことで他人の命を奪いたくないなと思いました。
意識なくただの不注意で死なせてしまったらたまらないよ。
(いや、意識あったらいいという意味ではないですがw)

とにかく、些細なことで何億もの損害をだしたり、
「想定の範囲外」の記事でも書いたけど、常に起こる事象を予想するのが大事だなと本当に感じました。

もし、自分が路駐車のドライバーだったとして、もし子供や同乗者が不注意でドアを開けたら…?

車を買う時は黒ガラスやめることにします。

続きを読む
【2005/12/10 14:58】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
coping skill
最近…鬱になってる人多いな。まぁ、そんな時期だからねぇ…(-_-;)
3日前のセミナーで「コーピングスキル」についての講演を聴きました。

コーピングスキルとは、ストレスを処理する能力のことをさします。
(cope … うまく処理する)
ストレスがたまる、というのは人間として当たり前の機能が当たり前に作動していると言う証拠なので、ストレスがたまる事自体には問題はない。しかし、そのストレスを軽減するには、また、できたストレスをどう処理していくか…ということにコーピングスキルは役立ちます。

宮里藍や横峯さくらも実践しているんだとか。

ストレスの原因は「自分・他人・過去・未来」についてを考えたときに、そこに不安、焦りなどを感じること。つまり、同じ事象でも、その人が感じる不安などの差によって、かかるストレスはちがってくる。

いろいろ例を挙げられました。5つくらい。
その中の2つを紹介。


例1)スピーチをしなければならないとき、「スピーチが好きな人」ならば感じるストレスは無く、むしろ楽しみにする。しかしスピーチが嫌いな人は、ミスしたらどうしよう、他人の評価が低かったらどうしよう、間に合わなかったらどうしよう…などと考えてストレスがたまっていく。

例2)受験を控えている時、「落ちたらどうしよう」という不安は誰にでもあるもの。しかし、「まぁ受験で人生決まるわけじゃない。落ちたら落ちたでそのとき考えればいいさ」という人が感じるストレスはそう大きくない。しかし「この失敗が人生の失敗だ。絶対に落ちることはできない。でも、問題が解けない…」などと考え出すと感じるストレスは大きくなる。


つまり…楽天的・プラス思考であるほどかかるストレスは小さくなる。ストレスがたまっていると物事がみんなうまく行かないような気がして、また自分がミスして…といったデフレスパイラルに陥るが、そういうプラス思考をもつことで、この連鎖を止めることができる。

よく「悩みがなさそう」という表現をするけど、それは「楽天的」「プラス思考」である、ということだから…実際には「悩みはあるんだろうが、それをストレスとして溜め込まない技術をもっている」ということだね。

つまり、楽天的、プラス思考になりましょう、ということです。
挙げられた例に「就職」のことについては無かったけど…それもこれらと一緒だよ、と言いたいのでしょう。

今は自分が就活の場にいるから、どんなものなのかはわからないけど…例えば受験とかを振り返ってみると、本当に些細なことのように思える。ストレスがたまっている受験生に説教たれてやりたいくらい。

俺は就活と院試を両方やるつもりなので、それが結構ストレスになっていたのですが…実際に就活した人の話を聞いたり、ブログを読んだりすると「就活なんとかなるのかな」なんて思って少し楽になり、実際に院試を経験した人の話を聞いて「全員受かるよ。倍率は1.05倍くらい」なんて話を聞いてしまっては気が楽にならざるを得なかったですね。
やっぱり、先が見えない「未来」にたいして、「過去」というのはすごい楽だったように感じるのでしょう。

つまり、「楽天家」になるには、
いろんな体験をした人の話をとにかく聞くこと!
聞くことで、その人がその体験で得たことを自分のものにでき、その結果として楽天家になれるんじゃないかな。その話を聞き流すんじゃなくて、そういう風に解釈していけばきっと全部なんとかなるんじゃないかな…という気がします。
【2005/12/10 03:54】 | 雑感 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
想定の範囲外
  キーが欲しい
→キーは中にある
→キーがないと中に入れない
→キーが欲しい
→…


「キー閉じこめ」…最も簡単なパラドックスですね。

やってしまいました _| ̄|○
原付のメット入れにキーを入れたまま閉じてしまいました。閉じている途中に気付いたのですが時すでに遅し。

車じゃあるまいし…閉じこめなんて考えもしなかったな。…けど、一度くらい考えてもおかしくない事象だった。一度でも考えることができれば、頭の片隅にあるわけだから注意することもできたはずなのに。

一度痛い目にあってから考えが変わったことは多いです。
今回しかり、救急車しかり、二段階右折しかり、鍵紛失しかり…。

なにか悪いことをしたときに、イヌは人に叱られるとそれが悪いことだとわかりもうしないようになるが、ネコは人に叱られると「見つかったから叱られた、次は見つからないようにしよう」と考えて同じことを繰り返すそうです。

そんなネコにわからせるには、「自業自得」を感じさせるのがいいんだとか。

例えば「テーブルの上に乗る」のをやめさせたければ、イヌには叱るだけでいいが、ネコには、テーブルの上に両面テープを貼って「テーブルの上に乗るとねちねちくっついて、毛とかが抜けて痛い」という経験をさせる、というのです。


あれ…?いい例えを思い出したと思ったけど少し違ったかな?

…とにかく、「自業自得」にならないように、いつもいろんなことを想定しておかないといけないなと感じた一日でした。
続きを読む
【2005/12/09 01:00】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
can & do
「できなかった」っていうのは大部分が逃げだな。
多分、できなかったんじゃなくて「やらなかった」んだよね。

大事なのは実際にやったかどうかだね。
できるかどうかわからなくて、がむしゃらにやってみたけどだめだった、のなら「できなかった」に意味はあるけど
・疲れてるからやらなかった
・忙しくてできなかった

ってのは意味無いな。逃げだね。何もやってないじゃんか。

「can」は「できる」という意味だから、なんだかプラスのイメージに見えるけど…実際に行動していないなら意味無いな。否定形の「can't」も同様…虚栄に過ぎないね。

今からは世界もどんどん変わっていくだろうから…まぁ何にでもチャレンジだけはしたいな。

…と、100円ショップ「キャン★ドゥ」のビニール袋を見て感じた俺でした。
寝よ…(笑)
【2005/12/08 02:49】 | おしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「賞味」の差
賞味期限が切れた牛乳を捨てようかとも思ったのですが…もったいないのでホットにして飲みました。

日本では普通、賞味期限が切れたものは捨ててしまうけど…実際にはまだまだ食べれるものが多いんだよね。ちなみに俺のばぁちゃん家では「賞味期限切れ」というカゴで半額で売ってますが。

貧しい外国では、日本の国産車の廃車を買い取って、修理して売ってるらしい。そんなのを売ってたら、日本では「整備不良の車を売られた」とかって騒がれるんだろうけど…。

それと同じように考えて、日本では捨てられてしまうものを安価で買い取って、できるものには最低限の殺菌処理をして、貧しくて日々の食事にも困っている人達に少しの利益をつけて売る…っていうビジネスはできないのかな。

例えば牛乳なら、賞味期限がきれたものでも1週間くらいなら飲める訳ですが(飲んだ訳ですからw)、スーパーではその時点で捨てられてしまう。それを1パック10円くらいで大量に買い取って外国に送り、煮沸でもしてから1パック20円で売る…とかですね。

日本の賞味期限が切れてもその人達にとっての賞味期限は切れてないと思うんです。

あぁ、なんだかできそうな気がしてきた。ちょっと調べてみようかな。
【2005/12/07 15:33】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
笑いの究極
私が生まれたとき、周りの皆は笑い、私は泣いていた。だから私の最期には、周りに泣いてもらい、私は笑っていたい -アメリカインディアンの言葉

「笑う」というのはとても不思議なことで、笑うと疲れも嫌な気分もふっとんでしまうものです。自分が笑うのも、誰かを笑わせるのも、自分にとってプラスになる。笑うっていいですね。

人間の生きる意味が種の存続以外に一つだけあるとしたら、それは大きくくくってしまえば「楽しむこと」…つまり「笑うこと」になるんじゃないでしょうか?富を得るにしろ、誰かの役に立ち続けるにしろ。

笑うというのは人間だけに与えられた最高の贈り物ですから。

そう考えると…このインディアンの言葉は最高の人間像を描いているようにも感じます。深読みしすぎかな。

でも、俺も最期は笑っていたいな。
【2005/12/07 03:21】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本留学
バイクに乗ってるときは正直言って暇です。お金が浮くのはいいのですが…電車みたいに本を読んだりできないからね。景色を見ながらいろんなことを考えて過ごしてます。

渋谷に行く途中、NOVAの「駅前留学」という看板を見ていて思ったのですが…「駅前留学」は留学じゃないんじゃないかな。
「留学」というのは「留まる」「学ぶ」ですから、そこに留まっていないと意味が無い。週に何回か行く程度じゃ留学とは言えないよね。
でも語学を見につけるにははっきり言って現地人とたくさん話さないといけないのも事実。俺に外人の知り合いでもいればなぁ。

そこで考えたんだけど…「飛び地」ってあるよね。あれを考えたらどうだろう。つまり、日本の中に一部分だけ「アメリカ」を作れば、そこに行くことで簡単に「留学」になるんじゃないかな。ホームステイがわざわざ外国に行かずに日本でできれば需要とかも増えるんじゃないかな。

アメリカを作ると問題か。でも「アメリカ村」てきなものを作って、英語オンリーの学校を作れば平気かな…と。

まぁ…できても俺はもう利用できないか。英語勉強しよ…。
【2005/12/06 23:44】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あいのり
もぅ毎週かかさず見てますあいのりです…(笑)
ああいう冒険っていいね。冒険を実際に体験しているのを見るとこちらにも気持ちが伝わってきてなんだか成長した気分になれるね。映画とかと一緒。
でもスーザンとヒデはホントいいこと言う。
今日は二人が同じことについて言及しててちょっとビックリ。

(スーザン)
他人のためにやったのにお節介って言われてショックだったというのは
それは『ありがとう』を期待したからであって
自分の評価を他人からの相対評価にすがっただけに過ぎない。
そういった相対評価にすがるよりも、自分の中で自分に対する絶対評価を持つべきだ

(ヒデ)
日本にいる時は人の顔色ばっか伺ってて
相手に評価される事が1番の利益だと思って
周りの評価ばっかり気にしてた。
だけど旅してくうちに…なんだか凄いちっぽけな、
薄っぺらなものにこだわってたなって思って。
1番のメリットは その自分の気持ちをつき通すことだなって…


自分とは違う経験をした人がこう感じているのだからこれはきっと真実なんだと思う。なんかこういう考えを聞いて自分のものにしたとき、経験をせずに根本を得た気がしてお得な感じがするね。
【2005/12/05 03:33】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
建築士
建築王建築関係で世間が騒いでいますね…。うちの父も建築士なのですが…こんなことはやってないだろうな。曲がった事大嫌いですから。

しかし…他の人はともかく、ヒューザーの社長さんは明らかに悪人顔してますな。やっぱり人間は性格、経験が顔や体格に現れるもんだと思うんだよね。国会での発言とかもあって俺はこの人が絶対一番悪いと思うんだけど。悪人のクセに悲劇のヒロイン気取ってんじゃねぇよとか言いたいです。

最近は就職を勧めていくと進学したくなって、進学をすすめていくと就職したくなるから…ねぇ俺って本当はどっちもしたくねぇんじゃないの?とか思うけど…この人でもひとつの会社の代表になったんだと思うと少し希望わくねw「俺にできないはずがない」って自分を励ますエサになってもらってます。(* ̄∇ ̄*)
【2005/12/05 00:47】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スパムコメント対策
このFC2ブログ、すごい使いやすいです。
プラグインまでHTMLでいじれるし、デザインは豊富だし、文字をでかくしたり色をつけたりするのもすごい楽!

でも問題は変なコメント・TBが多いことだね…。
前までは、もう明らかにコメントの内容が変だったから「禁止ワード」で弾けたんだけど…今は「最近寒いですね」とかいう普通のメールを装って、リンク先だけ変なのにしてるからホント厄介。

そこで最近使われてるのは「リンク先URL」を禁止ワードに設定すること!いろいろ調べていっぱい禁止設定しました!
「こう禁止設定したらいいよ」みたいにまとめてあるテキストがあると便利だなーと思ったのでとりあえず俺が作ったもの→要る人専用

この作業を専門的にやる(すなわち…こういうのを集める)人とかいてもいいのに。というアイデアでした。(俺はやらないけど)
【2005/12/04 23:53】 | アイデアマラソン | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
3つの財産
寒い中、ドライブしながらちょっと思ったから書いておきます。
自分の中の…いや、全てにおいてか。「財産」というのは
・お金(資産やモノを含む)
・時間
・経験(知恵、地位などを含む)

の3つに分けられるんじゃないかな。

人生はこの3つのやりくりだと思った。
バイトや仕事をしたとき … 時間→お金(+経験)
お金で電車に乗るとき  … お金→時間(+経験)
遊びに行くとき     … お金+時間→経験

みたいな感じかな。

そう考えると…「生きている」ということ自体が自分達の財産なんじゃないかと思う。少なくとも、自分にかけた食費や経験分の価値はないと割にあわないよね。生きれば生きるほど価値の上がる人間になりたいものです。

でも生まれた時に自分が持っている財産って「時間」だけなんだよね。つまり、少なくとも人間みんな、生まれた時は同じ財産をもってるんだよね。(親から与えられる多少の地位や財力はあるかもしれないけど)

つまり今成功してる人は、自分の「時間」の価値が上がっているわけだ。お金の価値はかわらないけど、時間は社長とニートではかなり価値が違う。
そして自分の時間の価値を上げるには…やっぱり「経験」を増やさなきゃいけないよね。

「時間」を「お金」に変え、それを「経験」にすることで「時間」の価値を上げる。なんだか株取引みたい。

やりくり上手な人間になりたいものです。
【2005/12/04 23:21】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信号ナビ
コクヨが「B5を少し幅を小さくしたノート」を売り出すそうですね。
確かに…ノートにまとめるのに、横に長い文章は書かないですからノートは右側が空きがち。ページに半分に線を引いて使うと少し幅がせまくなる。
でも「ノート幅が狭ければいいのに」なんて考えたこと無かったな。
一人のアイデアが商品につながるいい例だな。俺もそういうのやりたい。

ま、俺はA4版のルーズリーフを使って縦に半分にしてるんだけどね。

アイデアマラソン、今回はカーナビについて!

今日は明治通りがすごく混んでて…雨だというのに全然進みませんでした。最近「混雑状況を考えて自動的に早いルートを設定してくれる」っていうカーナビがあるよね。でも、混雑状況以外にも知りたい情報が。

それは信号が変わるタイミングです。
信号機は場所と時間帯によって長さが変わるものだけど、その情報をナビに入れたらいいんじゃないんかな?

例えば、
「本当は直進するのが最短経路なんだけどこの道は混んでいる。迂回するとこのルートが車が少ない。さらに、信号の長さから言って、何番目で右折するようにすると最もスムーズにいける!」
ってのをナビが計算すればいいんじゃないかと。

自転車で通学してた時は毎朝同じ時間に学校に行ってたから、信号のタイミングって自分で覚えてたんだよね。
「この赤信号で止まったということは…ここから全力ダッシュしないと次の信号も赤になる!」
って風に。それをコンピューターにやらせれば…!!!
【2005/12/04 19:01】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界一受けたい授業
日テレの番組ですがこれ大好き!
今回の内容も超おもしろかったよ!

・アハ体験
脳というのは楽天家で、脳は楽しいことが大好き。楽しいこととは「考える」だとか「みつける」だとかいう、普段と違う脳の働きのことで、それにより脳が活性化されていくという話。今回は前と同じ「間違い探し」と…「静止画に見える動画」をやりました!
いや~すばらしい!!!まじでわからんもん。「わかった!」という感覚が脳を刺激すると共に、「どこだ?」と探す行為も刺激するんだとか。

・日本の空を見よう
次は空が大好きな先生でした!俺も気象予報士の勉強をしたんで正直言葉の説明とかは知ってたのですが…それを差し引いても、あの写真は感動だったな~。

・犯罪は場所で防ぐ
最後は「犯罪をしたくなる環境」「犯罪をあきらめる環境」 について。
犯罪者の心を変えるんじゃなくて、心が変わらなくても機会が無ければ犯罪は減るという考え。感動しました。
 落書きがあったり、ゴミがちらかってたり、放置自転車があったりといった場所は犯罪者から見ると「管理されていない」「誰も周りに興味がない」場所になるわけで。すると犯罪を起こしても大丈夫だみたいな心理になる…その通りだな。
キレイな街だと犯罪も減るってことですね。一石二鳥じゃないですか。
 最近は凶悪犯罪が増えてるからね…とてもいい授業でした。


なんだか最近はこういった社会学がすごく楽しい。この番組は特に最高!
今回のアハ体験の動画はマジでビデオに撮っておきたかった…。
やっぱりテレビっていいね~。

さっさと就職したいと思う今日この頃です。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2005/12/03 02:24】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
原付ルール
本棚を買った帰り左手に本棚を持ちながら右手一本で原チャ運転しました俺です。

こないだ二段階右折しなかったのを捕まえられたおかげで…3ヶ月間は捕まるわけにはいかなかったので、警察にとめられやしないかとひやひやしながら走ったのですが…そもそも「片手運転」は違反なのでしょうか?

教習所で車の運転のしかた・車の罰則は教わるのですが…車と同時に手に入る原付のルールは正直言って皆無だよね。車だったら片手運転しててつかまることはないし。なんせ、ちょっと前までは電話しながらでも捕まらなかったくらいなんですから。

原付は規定厳しいよね。
マジで原付のルール変えて欲しいです。

というわけで…今回は「原付のルール」に関するアイデアです。
アイデアというのは別にモノじゃなくてもいいわけですからねw

ちょっと長いです…。
続きを読む

テーマ:原付 - ジャンル:車・バイク

【2005/12/03 01:53】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
インターセックス
テレビで「インターセックス」についての特集がありました。

インターセックスというのは、生まれてくる時に普通の人は性器が男性のものか女性のものかきっちり分かれてくるのですが、それが曖昧な状態ででてきてしまうもの。と狭義にしておきます。

生まれた時「男ですか?女ですか!?」「…わかりません」ってわけですね。小学校のころは男と女の中間が「おかま」だとか思ってましたがw

度合いの違いで、男だと思っていたけど実は子宮がある…みたいなこともあるみたいです。思春期になって性ホルモンが分泌される時になってようやくインターセックスの症状がわかる、といったこともあるんだとか。その番組では言及してなかったですが…性同一障害の人の中にもこういったインターセックスの人がいるんじゃないでしょうか?

雌雄が両方あるとなんだか変な感じですね。
おしべとめしべ両方がある植物みたいな。

これに限ったことじゃないけど、障害がある人を「挑戦するもの」って訳したのはすごいいいと思った。それを乗り越えたら、俺達よりもずっと強い人間になるんだろうな。
【2005/12/02 21:57】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
学生年金
みなさんは「アイデアマラソン」というものを知っているでしょうか?
ここで紹介されているのですが…自分の中で何らかのアイデアを常にだしていこうというものです。
毎日というわけには行かないだろうケド…俺も思いつき次第書いていこうと思います!とりあえず一発目。

 学生年金

年金ってのは普通年をとってから働けなくなってからもらえるものですが…
学生時代って言うのも「働けない」ことには変わりないじゃないですか。
システムはいいものが思いつかないけど…学生時代にも年金をもらえるようにしてほしい!!!
それは奨学金という名の「学ぶためのお金」ではなく、「遊ぶためのお金」。
思うに「遊ぶ」というのは新たな世界を知るのには勉強よりも重要なことなのではないだろうか。
まあそれをビジネスに生かすもよし、お洒落に使うもよし、キャバクラに消えるでもまたよし。社会人になってからは暇が無くてできないんだから今のうちに使っておきたい。
【2005/12/02 21:14】 | アイデアマラソン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ハングリー > ストイック
いろいろな立場の人のブログを読むといろいろなことが得られて楽しいです。
さきほど読んだこのブログでとても共感したのでちょっと紹介したいと思います。

ストイック、という言葉はアムレでよく使われているので結構身近だったのですが…「ハングリー」と対比させるという考え方がすごい気に入りました。

高学歴な人ほどプライドがあるから、ストイックにがんばることはできてもハングリーにがんばることができない…みたいなことが書いてありました。
俺は半分賛成で半分反対かな。

確かに高学歴な人ほどストイックが得意だとは思うんだけど…
「プライド」なのかどうかが疑問です。

うちなんかは日本で一番いいとされている大学だけど、そこに来れている俺らは「一番高級なレールに乗った」だけだと思うので…なんというか、そのレールを今更踏み外すのが怖いですね正直俺は。
賭けができない、って感じかな。

一度、自分の額縁を外したいですね。
そういう考えで今、就職活動をしてみようとか、海外に一人旅に出てみたいとかいろいろ考えてるわけです。今乗っている理学部というレールは明らかに「大学院経由研究者行き」ですからね。

そういう考えでは、留年してる人や浪人してる人は一度レールを外れているので結構ハングリーにいけるんじゃないかな、とか思ってみる。

ハングリー精神…自分ももっていたいと思います。
【2005/12/02 21:06】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。