スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ファッションマニュアル
脱オタクファッションガイド
「脱オタクファッションガイド」というものを借りて読みました。
オタクだという認識が無い俺は少なくともオタクではないと思っているのですが…

いや、「オタク」の定義が曖昧なだけで本当はオタクなのかも?
でもとりあえずアニメや秋葉原とは縁がないので違うということにしとこうか。


意外にもかなり参考になりました

ファッション誌を読んでも、書いてあるものは高いし、そもそも「これは…カッコ悪くないか?」とか思ってしまうものも多いと思います。「変なカッコ」「オシャレ」って紙一重だなと思うね。

そういったファッション誌に比べてこの本は、「オタク」といういわば「オシャレ」の対極にあたる人向けに書いてあるので…オタクに限らず、「まだファッションの基礎知識が殆どない」という人にもぴったりなのではないでしょうか?

「自分」を出すのがいいと俺は思うのですが…基礎なくして自己流を求めるのはまずいと思うな。「オシャレ」ってのは絶対的に他人の評価なわけだから、何も知らずに「自分」を出してもそれは変なのかもしれないよね。

以下、本の内容をまとめてみます。

知らない知識があった人…読んだほうがいいんじゃない?
オタクと大差ないってことだよ~?
(こう書くと怒られるのかなwでもまぁ世間の「オタク」に対するイメージはこんなもんだろ)

ま、俺は知らないこと多かったんだけどね…

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/01/26 03:07】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白馬八方尾根
今季4回目のスノボは…白馬、八方尾根に行ってきました★
一度行ってみたかったんだよね!行けてよかった!!

評価…★★★☆☆

…まぁ評価なんてのは天気とか雪とかによって自分でも変わるんだろうけどw

とにかく広かった!
というか…広すぎてコースどこかわからない!(笑)
少なくとも…スノボの大人数には向いてない気がしたな。

今回は雪があまりよくなかったです。
山の上のコースが充実している山だったのですが…山頂は風が強い!!
リフトがめちゃ揺れて怖かったよ。何回も止まるし。
しかも、パウダースノーが風で飛ばされて…残ったのは固い固いアイスバーン&雪ダマ、みたいな。

雪とかがよければ最高のコースだったんだろうけど…俺はかなり滑りにくかったです…。

コースは基本的に、角度が一定なところが多かった。というか、一部の初心者コースを除いて…結構急なところだらけだったな。トリックの練習があまりできませんでした。あと、パークが無かった…。キッカーのひとつも無いのかぁ…。

…とまぁ、コストと前評判の割にはそんなに良くなかったなぁと感じた俺でした。
ゴーイングマイウェイ☆
【2006/01/22 03:27】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白馬サンアルピナ
今季3回目のスノボは白馬サンアルピナに行ってきました★

評価…★★★☆☆

一年前にも行ったのですが…前回よりも今回のほうが良く感じたな。
サンアルピナは「鹿島槍・青木湖・さのさか」の3つに分けられており、リフト券も別々になっています。
全部滑れるリフト券だと相当数のコースがあることに…!

今回は鹿島槍だけの券でした。
最も長いコースは最初が平坦すぎてスピードが出ないことを考えると、
初心者向きのコースが一つしかないんじゃないかな。
でもその分、中級者向けのコースはとても多かったです。

ただ、ひなた→日陰、というコースだと日陰で目が見えなくて危なかったです。そういうところはアイスバーンも多いし、ね。
そこを除いて考えると…コースが狭い感じがするかな…。

でも楽しかったです。
正直、どこに行っても滑れれば楽しいんだよねw

来週は八方尾根で滑ってくる予定です★楽しみ~!
続きを読む
【2006/01/13 01:53】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斑尾高原
今季2回目のスノボは斑尾高原に行ってきました!

評価…★★☆☆☆(普通)

初心者向きではない気がするな。
初心者コースはなだらか過ぎて…普通に滑っても止まってしまう。
少し良いコースに行くには少し中級のコースを通らなければならない上に、戻るのが大変。

今回は猛吹雪だったので上級者コースは殆ど入れなかったのですが…以前に行った時と同じだとすると、5つくらいある上級者コースには全てコブが作られており…ボーダーには優しくない山でした。

でも中級者向けのコースが多いので…ボード2、3回やったことあるよ!という人には良いのではないでしょうか?

それから、トワサンクというレストランがおいしいです。他のところに行ってないだけだけど(-_-;)ケーキが出るのが嬉しい♪

今回はひとつ、全く圧雪されていない新雪のコースがあって楽しかったです。トリックを成功させたときとはまた別の嬉しさ。そのうち何人かで、ヘリで高い山の山頂からボードで下ってみたいな。
続きを読む
【2006/01/06 03:14】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハンターマウンテン塩原
今年の初滑り!
朝発の日帰りで、栃木県は「ハンターマウンテン塩原」というスキー場に行ってきました。

評価…★★★★★(非常に良い)

コースが広い…雪山自体は横幅がコース3つ分くらいしかないところなんだけど、ひとつひとつのコースが広い!だからぶつかることがあまりないし自由に滑れる!
スノボに優しい…斑尾みたいに「上級コース=コブ」とか思ってるスキー場じゃないので、上級コースは「斜度があるけどコブは無い」みたいになってる!(ちゃんと、コブのところもあるけどね)パークもできるみたいだし。
上級者に優しい…上級者コースに選択肢があるってのが嬉しいですね。ゴンドラから降りると上級者コースが3本もある!!!しかも、ゴンドラだけを使って上級→中級で下れるのもいい!

初心者にとっても、あのコースの広さはかなり練習しやすいと思います。(ゴンドラ乗れないのは痛いけど…(-_-;))
日帰りで4200円…かなりお買い得だった。穴場だね♪

今年は異常気象ばりに雪が降っているので雪質が非常に良いです。就活もあるしあまり滑れないかもしれないけど…できるだけ多く楽しみたいな♪
【2005/12/18 01:30】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビ朝日 job meeting
テレビ朝日の説明会に参加してきました!
忘れないうちに記録しておきます…。


第一部:就職に関する全体説明

全員でまず、就職に関するセミナーを聞きました。
主にテレビ朝日の説明かな。テレビ朝日はテレビ局の中では若い会社で、これまではずっと4位だったのに今年は2位まで登りつめたらしく、それをとても誇りにしているようでした。

・若い社員でも自分の意見を出すことができる
・社員数は1200人程度
・採用は30人程度
・広告収入以外の収入を増やそうとがんばってる(どこも一緒だろうケド)
・欲しいのは「自分で考え、実行できる人材」
・今回の募集から、コンテンツ製作部門と営業部門の併願ができるようになった
・面接は5~6回程度
・試験はテレビに関するもの…主に時事から出題。広く浅く聞いていく。


第二部:各部門の社員に質問

次に場所を移動して、各ブースに分かれて質問タイム。
バラエティ・報道・ニュース・技術・美術・広告・営業・IT・その他ビジネス
に分かれてたかな。基本的に2つくらい行けるようだったので、バラエティと報道に行くつもりだったのですが…「その他ビジネス」に一人もいなかったので一人でつっこんでまいりました(笑)

その他ビジネスというのは主に人事・編集(番組の時間帯自体を考える)・系列各局との連絡などについて。1対1だったのでとにかく質問しまくってやりましたwとりあえず、どれも大切な仕事なんだよ…という話ももちろんしたのですが…担当が人事部の人だったので、超個人的に採用についてを聞きました。

・茶髪であろうとスーツでなかろうと関係ない(実際には「空気が読めない奴」ということで落ちるかも)
・定員30名というわけではなく、いい人が多ければ多くとる。しかし例年30人くらいになる。
・そのうち、院に行ってからで入っている人(理系)は5~6人。
・学校・学部は本当に見ない。
・最初のほうの面接はいくつか日程があってその中から選べるが、最後のほうになると「明日来てくれ」で行けなければアウト。


とにかく、事前準備は必要ない、いわば「キャラセレク」
ただ、知識は広くもっていたほうがいいみたい。

時間が半分くらいになって「移動してください」と言われてから…誰も動かなかったので先陣を切って、報道のほうのブースに行ってきました。こちらは報道の現場の動き方なんかを聞けてよかった。

専門知識があるから有利、という考え方はあまりなく、入ってみれば嫌でも専門知識が身につく…という考え方をするようです。現場レポーターとかも報道の社員みたいだね。最初はドキュメンタリー番組なんかの取り直しがきくもので練習をつみ、生でのリポートもするようになるようで…。どこの職場でも一緒ですが、報道の場合は情報を得られなかったりすると大問題。かなり責任が重いんだということを感じました。



今まで何をやってきたか、などは面接をなんども繰り返しているとわかるみたい。面接で緊張する人、しない人…とかも。
事前準備はいらない、というのは本当に感じたな。
続きを読む
【2005/12/17 01:21】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。