スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
睡眠時間
前日に徹夜で遊んでいたため、5時になっても眠くない俺です。

高校時代は、たとえ5時まで起きていたとしても高校に間に合っていたのに…今は何故間に合わないんでしょうね。

やっぱり、高校と大学というのは「義務度」が違うんだなと思います。

絶対に早起きしよう、という意志をもちたい。

9時に起きて25時に寝る生活も、
12時に起きて28時に寝る生活も、
睡眠時間は変わらないんだけど…絶対に、朝早起きしたほうが有意義だよね。

つまり
9時~12時 と
25時~28時 というふたつの「3時間」に違いがあるわけで。

実際、夜中は無駄な生活してるなと感じます。
早起きできるようになりたいですね。

寝たいときに寝て、起きたい時に起きるのがちょうど25時~7時くらいになるようになりたいです。
スポンサーサイト
【2006/04/10 05:00】 | 雑感 | トラックバック(1) | コメント(10) | page top↑
「酒は百薬の長」
とかって諺がありますが…

一番いい薬は「時間」だな。
特に心のキズにおいて。

酒も時間も、ただ痛みを「忘れる」だけだという点では同じだけど…酒は一時的に。時間ならほぼ恒久的に忘れさせてくれる。

しかし…「time is money」
高い薬だよなぁ…。
【2006/03/25 02:02】 | 雑感 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
年金
最近いろいろあって更新できませんでした…
これからがんばります。


20歳を超えるといろいろ自分のことを考えないといけないなぁとつねづね感じます。

「保険」にも入るんだろうな。

なにかの漫画にあったけど
「保険は自分の負けに金を賭ける」
という概念はすばらしいと思いました。

自分が負けても、家族が潤うなら全体としてはプラスだ、ってことですね。人間ってよくできてるな。


というわけで今回は…全員が加入義務を負う「国民年金保険」について。



20歳になると払わなければならない国民年金。
学生の時は「後払い」できるシステムがあるので社会保険事務所に行ってきました。4月から3月の間に1回行けば一年間有効。
まだ今年行ってない人、行かないとやばいよ!

いまは月額13580円ですね。
毎年4月に280円ずつあげられて、最終的には16900円まで上がるそうな。しかし実際には賃金に応じて値段は変わり、だいたい10年で5000円上がるんだとか。

そこでちょっと簡単に計算してみました。
20歳から40歳までで…低く見積もっても

約1000万円

を国に払うことになるようです。

そして、40年間ずっと払い続けてきた人は1ヶ月あたり約13万円、一年で156万円が給付されることになる。よって…1000÷156=6.41なので、72歳まで生きればとんとんってことですね。

平均寿命が82歳であることを考えると決して悪い賭けじゃないなぁ…と思うんだけど。

問題は財源ですね。
年金扶養比率は約3ではあるのですが…実際には4割の人が払ってないらしい。ということは実質の比率は1.8。
ということは多めに2だと見積もっても、4年分…つまり、一人あたり624万円を国がひねり出さないといけない計算。

…無理だよねぇ…。
他の年金保険の制度とかを考えると全然違うんだろうケド、それでも「年金問題」っていうくらいだから無理なんだろうな。そのへんまで調べるのはちょっとめんどくさかったよ。

よって「年金制度は破綻するんじゃないか」ということで年金を払わなくなるんでしょうね。



でも、個人的な意見としては…確かに年金制度は変わるんだろうけど、なくなりはしないんじゃないかと思います。
というか、年金制度が無くなるってことはもう国民ほぼ全員がクーデター起こすくらいの感じなんで、そうなるってことは日本は終わりですね。

北朝鮮に金贈ったりしてないで自分の庭をなんとかしてもらいたいものです。あと、軍備のお金も要らない。なんで、使わないミサイルを実験とか演習とか言って使って一発ウン千万を使わないといけないのか…。

【2006/03/14 22:02】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1+1=?
1+1=□ □に当てはまるものは?100字で書きなさい(フジ)

…。

2じゃね? (笑)

これは難しかったな…。
言葉を入れるのか、数字を入れるのか?
CMで「2×6=0」ってのがあったのを思い出しました。
てかこれをヒントに出したんじゃないでしょうかねw


2にして「真理は変えることができない」って書くのも良さそうだとは思ったのですが…かぶりそうだしなんだかありきたりだなぁ、とか考えました。他にも、「∞」とかもいくらでも思いつくけど…ありきたりかなぁ、と…。

他は
1+1=10(2進法)
1+1=0(バイナリ表示)
1+1=3(♂+♀=♂♀子 笑)
1+1=田(田、を分解すると…w小学校で流行ったな)
なんてのも判明していますがw
3にして生命の神秘!とかするのも良かったのかもしれないですね。
田を書いたら落選ですなw


でも俺はやっぱり、CMの例みたいに「1」に何か意味をもたせてみたかったのです。

結局俺が書いたのはコチラ↓

1+1=4×0.5
人とわかちあえば喜びは倍になり、悲しみは半分になる。「1」を誰かの喜び、悲しみとすると、1が二つ集まった時には、4と0.5に変わる。2という結果は同じでも、心の中での差は計り知れない。

計算結果は2になるし、
喜びが倍、悲しみが半分というのは好きなフレーズです。
我ながらいいのが思いついたな…

と思っていたのですが。

4 →1+1の結果である2を倍にしている
0.5→1をそのまま半分にしている


…計算ミス! Σ( ̄ロ ̄lll)
でもまぁ、2だと倍にした感じが無いし、1だと半分にした感じが無いからね…。友達に言われたけど、「かけて2だ!」っていうシンプルさがいいかなと今は納得してますw

さて…通るんでしょうかねぇ…。
テレビ朝日とTBSはとりあえず第一面接までは大丈夫でした。
そして面接が今日の17時くらいからです。

面接対策なんて何もやってないですw
面接の本とか買ったほうがいいのかな…。

でもなんか、面接なのに「これが正解」みたいに言われるのは嫌だなと思うのです。テストじゃないんだから。

無地のスーツを着ていれば正解、でなければ10点減点
面接官に「大学名+名前」を言わなければ5点減点


なんか変だよね。
そりゃ「常識」というのは大事だと思うので

面接官に敬語を使えないならダメ
真っ赤なスーツを着てきたらダメ


というのは納得だけどね。

「性格は顔に出る」ってのが俺の持論なのですが、面接官にしたってそうだと思う。相手を不快にさせないようにすれば、面接のルールなんてどうでもいいと思うんだけどな。

こんな弱冠21歳の俺、はじめての面接…無勉で突っ込んできますw
続きを読む
【2006/02/18 01:05】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テーマ
就職活動ではテレビ局を主に受ける俺です。
テスト真っ只中にエントリーシートがありました(-_-;)

でも、テスト中のいい気分転換になってよかったです♪
しかし、エントリーシートの作文は面白いものが多いね。


「好きな言葉と、その解説を書け」(テレビ朝日)

「好きな言葉」というのはたくさんあると思うけど、
その中でもこれだ!
というのはつまりは「自分のテーマ」ですよね。

よく「生きる目的」みたいな表現があるけど、俺はその考えはあまり好きじゃないのです。
そりゃぁ、学者とかで「私の人生の目的は○○を発見することです」と言えるのはすごくいいことだと思うんだけど…そこで終わりになってしまうのってなんか嫌だな。

それよりも、「自分の人生」っていう一本の映画作品を作る、って考えたほうがいいかなと最近思うのです。

その作品の「テーマ」が「好きな言葉」ってことですね。

誰かに登場してもらったり、時には自分が誰かの作品に入ったりして、作品をいいものにできたらすごくいいと思う。

過去の偉人が伝記になるのは、その人が成したある一つのことがすごかったから…ではなくて、その人が何をしていたからそれを成すことができ、それからどうしたか?というストーリーがすばらしいから。

俺も人生楽しめるだけ楽しんで、「名言」でも残せれば幸せだなー
【2006/02/17 00:19】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オモテとウラ
テストがようやく終わったと思ったら次は就活。
なんだかせわしない毎日を送ってます…。


東大のテストだからさぞかし難しいのだろう、東大生が毎回授業に出て質問とかをしまくって勉強するんだ…と思う人もいるのでしょうが…実際は全然そんなことありません。

授業を持っている教授も「研究者」なわけで、
あまり教えようとしていないのですよ。

その結果授業の質は下がり、
勉強のポテンシャルだけは高い俺たちは
「授業に出なくても教科書読めば大丈夫だ」
と思うようになる。

出席は重視されない(←何故…?)ので…末期になると授業に出ているのは数人、という事態になります。うちの学科が末期ですw

教授は自分の研究がしたいので、テストもすごく簡単です。
完全に自由作文のテストまであります…w
単位をあげなくて留年して泣きついてくる生徒などが減るように極力単位をくれようと努力してくれるのです。

女子大などの話を聞くと、何回欠席したらアウトだとか、席が決まっているとか…正直言って俺達の何倍も真面目なんじゃないかと思います。

それでも「東大」というネームバリューは大きいようで、真面目に勉強するイメージをもたれがち。本当に得してるなぁと感じます…。



オモテでは真面目、ウラでは不真面目、ってことですね。
外から見ると真面目、内から見ると不真面目、ともとれるかな。

「表・裏」の概念と「外・内」の概念って似てるね。

真実なのは「内部」、つまり「裏」

ウラが見えてこそ、真実が見えているってことになるのかな。

俺も表ではこっちを書きつつ、裏ではしょうもない日記を書いていますが…ということは、しょうもないほうが正しい俺なんだろうなw
【2006/02/17 00:05】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暇というもの
テスト中で更新が遅れている…
というまっとうな理由をつけようとすればつけれるのですが。

「暇」というものはがんばれば作れるものだと思うのです。

寝る間も惜しむような状況で無い限りは、ね。
だから、「忙しくてできなかった」というのは単なる逃げだと思っているので…「できなかった」ことは素直に反省すべきですよね。

周りのみんなのテストが終わっていきます。
俺はもうちょっとあります。
でもだからと言って忙しかったか、ずっと勉強していたのかと言われるとそうでもなく、むしろ遊んでいた気がします。


いや、遊んでましたw

反省しつつ…明日のテストの勉強でもしますかねw
【2006/02/12 18:09】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
100%理論
相変わらず好きです、「世界一受けたい授業」
今回はヤンキースの松井秀樹選手がコーチとして出ていました!

野球の授業、ではなく…大きく「緊張」についての授業でした。

緊張⇔リラックスを横軸、結果の良さを縦軸にとるとグラフは「逆U字曲線」になる

―つまり、緊張50%、リラックス50%の状態が最も成果を出せる時らしいです。

では、「緊張を50%にする」にはどうすればいいのか?

それには、「その状態での100%を出す」ということ…いや、そのように思うことか。

大事な場面、誰かが見ている時、失敗できない時…そういった時は、いつも以上の結果を出そうとしてしまいがち。でもそういった気持ちでいると緊張をコントロールできず、失敗してしまうことも多い。

「今の」100%…風邪をひいてるならその状態での100%を出そうというというのが、逆U字の頂点になれる結果なんだとか。

先生は「120%出たらラッキー」とか言ってましたが、俺は、その頂点でトライすることができないと120%なんて出ないんじゃないかと感じました。

では、その状態での100%を出すにはどうすればいいのか?

それには3つの要因があります。
(番組中の図がわかりにくいと思ったので少し自分解釈)

1、経験を積み、記憶すること
「100%」がわかるには、一度は経験する必要がある(つまり、初挑戦で結果がでることは無いということでもある)。また、経験してもそれを記憶していないと次につなげることはできない。(松井選手は自分の打ったホームランを全て覚えてるみたいです。いや別に全部覚えなくても…( ̄□ ̄;)

2、ルーティンを大切にする
「100%」というのは「いつも通り」ということ。例えば松井選手なら、試合前におにぎりを2個食べるとか、バッターボックスに左足から入る、だとか。いつも通りのことをいつも通りに行うことで平常心を保つ。

3、目標をもつ
これは…100%理論というより、120%理論…って感じだったな。いつも通りにやるんだけど、その「いつも通り」の底には「具体的な目標」を持っておけ、ということでした。
何故か、とかは言ってくれなかったな(-_-;)
まぁ、向上心がないとだめってことですかね…。
松井選手の場合は、シーズンの終わりに自分のプレーを全てビデオで見て目標を立てるそうです。俺らの場合は、日記なんかを見て目標を立てよ…とおっしゃってました。


続きを読む
【2006/02/06 01:18】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。